ピンクハウスのヒストリー

ピンクハウスのヒストリー 独特の雰囲気を持つ「PINK HOUSE(ピンクハウス)」は、時代をこえて愛されるファッションブランドです。
ブランド名は女の子が大好きなピンクがいっぱい詰まった家という意味。
日本人の体型にあったルーズなパターンをプリント柄やレースで愛らしく仕上げたスタイルは長い年月を経た今もなお受け継がれています。

PINK HOUSE誕生のきっかけ


1972年9月、東京青山キラー通りに小さなアパレルショップ「PINK HOUSE(ピンクハウス)」がオープンしました。1970年代といえば、an anやnon-noなどのファッション誌が数多く創刊された時代です。

流行に敏感な若者の間では、ボディラインを強調した細身のワンピースや、裾広がりのズボン「パンタロン」が定番スタイルでした。

初代のピンクハウスも、その時代を反映したファッションをメインに取り扱っていました。

しかし本当に金子さんが表現したかったものは女の子が大好きなふんわりとしたドレスやレース、teddy bearやスイーツ、フルーツ柄のプリントの洋服でした。

PINK HOUSE HISTORY

金子さんは、1973年から独自の世界を切り開いていきました。
金子さんの上品で可愛らしさを追求した繊細なデザインは、今のPINKHOUSEのデザインに受け継がれています。

1973年 デザイナーとしてピンクハウスブランドを設立
1982年 (株)メルローズより独立し、(株)ピンクハウスとして展開
1984年 大人の女性向けブランド「インゲボルグ」をスタート
1985年 男性向けブランド「カールヘルム」をスタート
1988年 子供服ブランド「ベビーピンクハウス」をスタート
1990年 (株)カネコイサオを設立
1994年 (株)ピンクハウスを退社、独立して(株)カネコイサオのデザインに専念
1994年 「ワンダフルワールド」ブランドをスタート
2004年 ピンクハウスの運営が(株)ジェディックスに変更
2007年 (株)カネコイサオ解散 ・デザイナーとしても活動を休止
2012年 ピンクハウスの運営が(株)メルローズの運営に変更

ピンクハウス系ファッション 金子さんは現在デザイナー活動をしていませんが、(株)メルローズがピンクハウスブランドを取り扱っております。全国各地にあるピンクハウス・インゲボルグなどのSHOPはもちろん、公式サイトでは通販からもご購入できるようになっています。

ピンクハウス系のファッションを楽しむなら、ぜひdaisyをご活用ください。SHOPと変わらない品揃えでお買い物を気軽に楽しむ事ができます。今まで大事にしてきたお洋服を売りたい、探していたお洋服を見つけたいなど違った形でピンクハウス系を楽しむお手伝いをしています。いつまでもピンクハウスの世界を伝えていくお手伝いが出来れば嬉しく思います。

ピンクハウス、カネコ系リサイクル買取販売

ピンクハウス買取販売なら、【daisy】へ。ピンクハウス系をお取り扱いしているリサイクルショップです。ワンピーススカートブラウスやチュニック、カーディガンなど毎日お買取り・委託品を受け付けております。お洋服以外にもアクセサリーや靴、ノベルティーなどもお取り扱い出来ます。是非ご利用ください。

有限会社デイジー 〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2−20−7 Brillia 代官山プレステージ325 ☎ 03-6416-3974

ピンクハウス系リサイクルショップ【daisy】